イギリス紳士 英国紳士

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

英国紳士の精神、哲学、心得、作法、行動、特徴 

 

今回は英国紳士とは何か、イギリス紳士とは何かについてです。 

 

英国紳士の精神、哲学、心得、作法、行動、特徴といったものから紳士の振る舞い、言葉遣いまでいろいろなとらえ方があるようです。

 

女性が定義する英国紳士、男性がイメージする英国紳士といろいろあります。

 

英国紳士のようになろう、英国紳士のようになりたいと考えている人、英国紳士のようになる方法をさがしている人もいるようでした。

 

英国紳士はかっこいい、英国紳士はヒゲをはやしている、英国紳士は身だしなみが整っている、英国紳士は立ち居振る舞いが紳士的であるというようなイメージを持っている方も多いようです。

英国紳士になるために簡単に実行できるものもありますが、多くは非常に高い基準を設定していると思います。

 

実際にいないような英国紳士のイメージを持っている女性もいました。

 

もし、実際にいるとすれば、一部を体現している英国紳士はいらっしゃいます。

 

自分も無理ですし、もし正直な人なら、ほとんどの男性が達成することはできません。

英国紳士のようであるためには、能力、資産、時間を人並以上に持っていないと無理なのではとも思いました。

 

また、組織に所属していると軋轢が生じるような紳士らしさもあるようです。

 

個人的には、イギリスには英国紳士も多くいらっしゃると考えています。

 

しかし、国民性をステレオタイプで語るとき、日本人はかっこいいイメージで語られないのは世界に情報発信することが得意な国が自国のイメージを極大化しているだけであると考えています。

 

英国紳士の情報発信地はイギリス本国であり、イギリスが世界に発信した英国人のステレオタイプだと考えています。

英国紳士その理念と実際

 

英国紳士は、イギリスの歴史において国家の目的を達成するために紳士的ではない振る舞いも多かった。

 

英国紳士は現実的なものの考え方をします。

 

実際の社会生活においてはきれいごとで済まない場面もたくさんあります。

 

と指摘する人がいたのは正しいと思います。

 

この3点をふまえ以下のいろいろな英国紳士の定義を見ていくと、なるほどと思うこと、これは大切だなと思うこと、能力が高くないと無理なこと、組織に所属していると難しいこと、資産や時間に余裕がないと無理なこと、ふむふむと思うこと、矛盾していることなどがあります。

以下がいろいろな方がイメージする英国紳士、イギリス紳士の一般的な紳士の定義です。

 

英国紳士とは他人によりよく扱われたいと考えるのではなく、他人をよりよく扱いたいと考える人です。

 

紳士はいつも落ち着いています。

 

話す言葉、言葉遣い、ものの考え方、行動において一貫しているものがあります。

 

紳士は話す言葉、言葉遣い、トラブルに直面したときの行動、経済的なこと、友人を選択すること等について知恵を持っています。

 

彼らは強い道徳的規範を持っています。

 

紳士は考えていることが結果につながるような、いいものの考え方をする習慣を身に着けています。

 

紳士とは、他の選択肢が見つかるまでは肉体的な暴力または言語的な暴力に屈服しない人です。

 

紳士は、自分の考えが拒否されたり、評価されなかったりしても怒りません。

 

そして、他人と意見が対立し、行きづまったときに「他人の性格を攻撃し関係ない方向へ話を進めていくようなこと」をしない人です。

 

彼らは、怒りが何も解決しないことを理解しています。

紳士は正気を失いません。

 

また、他人をいじめることをしません。

 

紳士は、優雅に生き、自分の人生を、どのようにして耐えるかを考えながら生きています。

 

彼らは、自分自身の落ち着いた状態を保ち、他人を爽快な気分にさせることのできる精神的深さを持っています。

 

紳士とは、適切なときに彼の意見を注意深く述べるが、「絶対に自分が正しい」と主張することを控える人です。

言葉には破壊する力があり、運命を創る力があるので、紳士は言葉遣いに慎重で、注意深く言葉を選びます。

 

紳士は他人が話しているときに話をさえぎりません。

 

彼らは相手が応答する時間を取ります。

 

紳士は相手に迅速な応答を求めません。

 

多くの場合、よく考えられた答えは、すばやい答えよりもはるかに優れています。

紳士は決めつけることをしません。

 

周囲の人々の行動・反応が特定の状況で予想したものと異なっていても、決めつけてはいけません。

 

紳士は、彼が間違っていたり、特定の物事を知らない可能性があることを知っているので、他の人に積極的に意見を述べたり、知識を共有していない人を無理に納得させたりすることはありません。

 

彼らは、討論と意見の相違に敏感であり、他者に対する敬意があります。

紳士は威厳を身に着けています。

 

そして、自分の主張に自信を持っています。

 

紳士は話を誇張しません。

 

それは面白いかもしれませんが他人を傷つけるだけでなく、しばしば私たちの心に否定的なものを生み出します。

紳士とは、社会で活動するために必要な最低限の要件を満たし、自分自身を洗練し、その国の文化を理解し、周囲の世界の理解を深めてきた、自身の中に強固な基盤を持つ人です。

 

紳士とは、自分自身を知り、それが何であれ自分自身に自信を持っている人。

 

そして、自身の信念と哲学と理想を知り、それらを忘れない人。

 

彼らは決して利己的ではありません。

 

紳士とは精神面であれ肉体面であれとプレッシャーを感じても逃げない人です。

 

そして、不愉快なことでもやる必要のあることを避けない人です。

彼らは、忍耐力を持っています。

 

紳士とは、周囲の世界に誠意を持って接し、自分自身の感性を相手の側に広げ、強さだけでなく、尊敬、恵み、思いやり、理解を持っている人、またはそのような特質を取り入れることのできる人。

 

彼らは、周囲の人がその紳士を見ることができるかどうかにかかわらず、その周囲の人たちに尊敬を広げます。

 

紳士とは過ちに誠心誠意向き合い、行動によって他人を彼のレベルに引き上げる人です。

 

そして、恩着せがましくない人です。

 

彼らは、他人に与えた尊敬に尊敬をもって返そうとしていない人々に従い続けることはありません。

 

紳士は広い視野で自分自身を見つめていて十分に賢明ですが、彼の基本的価値観を共有している人々とつきあうだけです。

人は生きていくうえで精神的、感情的、身体的、職業的、社会的な困難や苦しみを伴うことがあります。紳士は泣き言を言うこと、苦痛や困難を避けることは時に軽蔑されることを理解しています。

 

紳士は、自身の義務として、人生で何が必要なのかだけでなく、他人のために、そして自分自身のために、やるべきことを行います。

 

彼らは、礼儀正しく、思慮深く、自分自身や周囲の人々の生活を改善することを常に追求しています。

 

紳士は大切なものを守るために危険を冒す勇気を持っています。

そして、弱者への思いやり、すべての人々対して善意と誠意を持っています。

 

紳士は謙虚さを持っています。

 

彼らは、壊れた人々、貧しい人々、追放された人々、放棄された人々へ献身的に手を差し伸べます。

 

彼らは、鋭い感覚を持っています。

紳士は立ち上がれない人の立場に自分自身を置くことができます。

 

例えば、予定されていた仕事の重要な会議に向かう途中であっても、他人の事故の唯一の目撃者であった場合、紳士の義務として警察に証言します。

 

紳士は他者への尊敬、それが男性、女性、子供、社会的にどの立場の人であろうと、すべての人々を尊重します。

 

誰もが基本的な尊敬に値します。

 

彼らはそのような権利を持っています。

 

紳士は、相手が誰であっても、年齢、性別、学歴、家柄、職業、収入または社会的地位にかかわらず、個人的利得を考慮することなく、誰に対しても等しく平等に礼儀正しく行動する人です。

 

彼らは、彼を傷つける可能性のある人を含めて、皆に対して親切さを備えています。

 

紳士はマナーを身に着けています。

 

彼らは、情熱的なときもありますが、越えてはならない境界があることを認識して十分な節度を保ちます。

 

紳士は、人間の絆は他の何よりも忘れてはならないものであることを理解しています。

その他の記事

あわせて読みたい